ご存知のように、私たちはプレススタッフとしてミラノ・ゲーム・ウィークに参加しました。 イタリアの見本市「ビデオゲーム」についての一般的な考え方は、否定的で変わらない傾向がありますが、記事を撮る前に、ミラノを横切った美しいものを思い出したいと思います。 すばやく共有順序で:

  • デトロイト:人間になる。 ミラノ・ゲーム・ウィークのプレビューで試してみたが、彼は確かに彼の期待を確認した。 9000000の誇大宣伝
  • 日数はゴーン。 デトロイトにとっても同じだが、幾分小さい。 それは価値があるものの、すでに見た印象を与えた
  • 戦争の神。 デモは存在しませんでしたが、明確なバックステージ/予告編の後ろを見ることができました。 買うだろう...
  • Destiny 2のシンボルコード。 私はこの事を前もって知らなかった。 基本的に、Destiny 2を体験していた人は、GW専用の特別なエンブレムコードを受け取りました。 周りをちょっと尋ねると、運命の人たちが100ユーロでさえコストがかかっていることが分かります。 残念ながら遅すぎる:私はすでにソーシャルメディアマネージャ、Valeriettoにそれを送っていた。 あなたは少なくとも半分いっぱいにする必要があります!
  • インフレータブルトラストシールド。 貧しい子供たちを犠牲にして自分の身長を無作為に利用していた彼は、フェアの終わりまで私の仲間でした。 ここでの珍しい写真 メルロは、有名なイタリアのスイマーです。


    ミラノ・ゲーム・ウィーク
  • インディーズのためのスペース。 私はそれらのそれぞれに特別なアイテムを捧げますが、私はあなたが逃すことのできないものの簡単なリストに限られています。 相撲の輪、痛みの国、シヌラリス、ミラノ、おっと!、ブラインド、アトミン、サインサイン:Requires:Snake Eyes、Okunoka。 もちろん、よく知られているもの 暴動、下向き、スラップとビーンズとルナシティ。
  • プレスルーム:無限のコーヒーと美味しいサンドイッチ。 悪くない。
  • ティムシェーファー。 おそらく唯一の遭遇は本当に注目に値するだけでなく、賢明です。
  • 少なくとも最後のではなく、 gnagna。 私はAKインフォマティカに特別な言及を残しています。いつも脈動に関しては最前線にあります。

ミラノ・ゲーム・ウィーク
一言で言えば、これらの見本市がいかに面倒で不快なのかについての良い論説は毎回私を刺激する。