ユービーアイソフト 彼女はその方法にあまり満足していません スチーム 彼は最近、少なくとも二番目に彼のビジネスを行っています クリス・アーリー、インタビューを行った出版社のパートナーシップと収益担当副社長 ニューヨーク·タイムズ紙。 そして、それはデジタル小売業者に対する唯一の重要な声ではありません。

一方、 エピックゲームストア だれでも誰からでも強い批判を集め続けており、Steamが適用する30%の税金(店舗の収益のシェア)は良い感情を引き付けません。 Ubisoftは引き続き多くのゲームをSteam経由で販売していますが、Ubisoftのデジタルストアでしか入手できないもの(The Division 2やAnno 1800など)もあります。 Uplay (サイト運営者が収益の100%を明らかに獲得している場合)およびEpic Games Store。

New York Timesは、グレッグカサビン(スーパージャイアントゲーム)やトミーリフェネス(チームミート)などの開発者とも話をしました。はい、起こります。 カサビンが述べているように、 「コンソールサイクルは、競合がオンの場合に常に最適です」

もちろん、この競合には、Steam対Epic以上のものがあります。 EAやUbisoftのような主要な出版社は、バランスポイントを一方または他方に移動するのに十分な力を持ち、独自の野心を持っています。 Electronic Artsストア、 原点、すでに提供しています 原点アクセス、ほぼすべてのゲームへのアクセスを提供する毎月のサブスクリプションサービス。 Ubisoftは同様のサービスを開始しますが、 Uplay Plus、3 9月。 要するに、誰もが市場をますます細分化することで、市場シェアを開こうとしています。

また、水平線にはストリーミングサービスを備えたGoogleもあります。 Google Stadia そして、革新的なビジネスモデルにより、 ゲームの所有権 ハードウェア自体に質問します。 要するに、私たちは過渡期にあり、私たちの未来がどうなるかを見るでしょう。