シンガポール–(ビジネスワイヤ)–Sea Limited(NYSE:SE)(「Sea」または「Company」) )、市場およびその他の条件の対象となります。 金利、初期変換率、オファリングの価格およびオファリングの価格。 追加の元本1ミリオンのノートを追加購入する2024日オプション。 潜在的な戦略的投資および買収を含む、事業全体の事業計画を使用する計画。

債券は、当社の優先的な無担保債務になります。 債券は、12月1、2024に満期となります。ただし、その日付より前に償還、買戻し、または変換された場合を除きます。 1、2024、ノートは、特定の条件および特定の期間の特定の保有者のオプションに変換できます。 その後、ノートは次のオプションに変換可能になります。 転換時に、社債は、当社の選出時に、当社の米国預託株式(「ADS」)(それぞれが当社のクラスA普通株式1株を表す)、現金、または現金とADSの組み合わせで決済される場合があります。

12月以降、2、2022、Seaは現金と交換できます。Notesの変換の少なくとも130%が、少なくとも20で有効になります30連続取引日(その期間の最終取引日を含む)中の取引日(連続かどうか)償還されるノートの元本の100%に、償還日までの未払利息を加えたものに等しい(ただし、オプションの償還)。 また、Seaは、その時点で未払いのNotesの元本総額が75百万ドル未満の場合、いつでも現金に使用できます(「クリーンアップ償還」)。 さらに、Seaは、税法の特定の変更が発生した場合、Notesの一部を除くすべてを償還する場合があります( "Tax Redemption")。

さらに、当社に対する注記および特定の事象の発生時の注記の保有者は、根本的な変更を構成します。 特定の償還、クリーンアップ償還、または税金の償還に関連して、特定の状況では、ノートをそのような企業イベントなどとの接続に変換したい人の変換率を高めますオプションの償還、クリーンアップ償還または税の償還。

ノートの価格設定に関連して、彼は最初の購入者(またはその関連会社)および/または1つ以上の他の金融機関(「オプションカウンターパーティ」)と取引を行うことができます。 これらの取引は、会社の可能性を低下させると予想されます。場合によっては、変換されたNotesの変換。Notesの変換は、場合によっては、上限付きコールトランザクションの上限に基づく上限が適用されます。 最初の購入者は、追加のメモを購入するオプションを行使します。

カウンターパートまたはそれぞれの関連会社は、ADSを購入する予定ですまたはそのすぐ後に、ノートの価格設定。 これらのヘッジ活動は、ADSまたはノートの市場価格を上昇させる可能性があります(または減少幅を縮小する可能性があります)。 オプションに加えてノートおよびノー​​トの満期前。 オプションのカウンターパーティ6月1、2024以降。 ADSまたはノートは、ビジネスまたはビジネス戦略の開発に使用できます。ノートの、それはADの数に影響を与える可能性があります

債券の変換時に提供される債券およびADS、ならびに表明された会社のクラスA普通株式、修正された(証券法)、または州の証券法。 証券法に基づく1933Aおよび規制に依存するオフショア取引の特定の非米国人証券法に基づくS。

米国またはクラスA普通株式そのような申し出、勧誘、または販売が違法となる州または管轄区域における会社の権利。

このプレスリリースには、ノートの保留中の提供に関する情報が含まれており、提供が完了する保証はありません。

シーリミテッドについて

テクノロジーを備えたこの地域の小企業で、より良い消費者を目指す海の使命。 当社の地域には、インドネシア、台湾、ベトナム、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポールの主要市場が含まれます。 Seaは、デジタルエンターテインメント、eコマース、およびデジタル金融サービスで、それぞれGarena、Shopee、AirPayとして知られる3つのビジネスを運営しています。

セーフハーバー声明

証券取引所法の27Aおよび21の証券取引所法の1934E、修正後。 これらの声明は、1995の米国私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項に基づいて作成されています。 これらの将来の見通しに関する記述は、「may」、「will」、「expect」、「expected」、「future」、「intent」、「plan」、「believe」、estimate、などの用語で識別できます。 /「」自信がある」または他の同様の声明。 Seaは、米国証券取引委員会への報告書で声明を出すこともあります。 このプレスリリースで提供されるすべての情報および当社は、このプレスリリースの記述を更新する義務を負わなかった 会社の信念および期待に関する記述を含む、事実に基づく記述ではない記述は、将来の見通しに関する記述です。 将来の見通しに関する記述には、固有のリスクと不確実性が伴います。 多くの要因により、実際の結果が将来の見通しに関する記述に含まれているものと大きく異なる可能性があります。 12月に終了した会計年度の20-F 31、2018およびその他の証券取引委員会への提出。

連絡先

マーティン・レイディ
投資家/アナリスト: ir@seagroup.com
メディア: media@seagroup.com

ソースビジネスワイヤ