次世代のコンソールが急速に近づいているため、それに関連する声明が増加するのは普通のことです。 最後に話すのは前のボスです ソニーインタラクティブエンターテイメントワールドワイドスタジオ, 吉田修平、のページで 電撃PS、日本のビデオゲーム雑誌。 吉田はゲーム開発について話しました プレイステーション5。 抜粋を次に示します。

「PlayStation 3時代は、Sony Interactive Entertainmentの25年の歴史の中で最も困難な時期でした。 ゲーム開発の難しさを本当に強調しました。 PlayStation 4は、教訓を念頭に置いて構築されました。 [...] ハードウェア開発の難しさが障害になると、ゲームの作成に集中できません。 ゲームの作成を簡単にするハードウェアが欲しいので、開発にもっと時間をかけることができます。 PS4でも同じでしたが、PS5ではさらに[このアイデア]を取り入れています。 PlayStation 5のゲーム開発者の多くが、ハードウェア上でソフトウェアを作成するのがこれまで以上に簡単だと言うのを聞いたことがある。

これにより、開発者はハードウェアの問題の開発と解決に時間を集中したり、エネルギーを浪費したりする必要がなくなるため、おそらくより高い品質の出力を保証できます。 いつものように、時間だけが答えをくれます。