ロサンゼルス - (BUSINESS WIRE) - #wizardworld– 2年2020月XNUMX日に、Wizard Entertainment、Inc.(以下「会社」)は、会社とは関係のない第三者が明らかに作成、公開、および/または配布した特定の販促資料(「対象資料」)を認識しました。 このような資料の普及により、取引量が増加し、XNUMX株当たりの価格が上昇したようです。

サブジェクト資料は、会社に所属していない個人または団体の作業成果物であるように見えます。個人または団体は、資料の表面から一般に「ペニーピック」および「ザウルフオブペニーストック」として知られています。

照会後、当社は、当社、その役員、取締役、第三者のサービス提供者または支配株主のいずれも、対象資料の作成、公開または配布に直接的または間接的に関与していないと述べています。

さらに、サブジェクトマテリアルを作成または配布するために、かかる第三者に直接的または間接的にいかなる性質の補償も支払われませんでした。 会社が主題資料の作成に役割を持っていなかったという点で、会社はそのような資料で示されるかもしれないどんな声明の後ろにも立つことができません。 主題資料に記載されている特定の記述は、実質的に虚偽または誤解を招く可能性があります。

経営者、取締役、管理者、および第三者サービスプロバイダーへの問い合わせ後、当社は、過去4日間の役員、取締役支配株主、または第三者サービスプロバイダーによる法人証券の売却を認識していません。 役員または取締役または支配株主による有価証券の購入は、フォーム8の提出により文書化されました。さらに、当社による転換証券の発行は、そのような取引の条件とともに、12-kの提出により文書化されました。関連する詳細な説明。 当社は、過去XNUMXか月間、第三者プロバイダーに関与していないため、当社またはその証券のプロモーションの投資家向け広報サービス、広報サービス、マーケティングまたは関連サービスを提供していません。

連絡先情報

Jerry Milani、646-883-5022、 pr@wizardworld.com

ソースビジネスワイヤ