私たちは皆、それを経験しました-タフなパズルやボス戦を完了するためだけに何時間もゲームに費やした瞬間。 コンソールに助けを求めることができたらどうでしょうか? まあ、登録された特許によると、ソニーは次のPlayStation 5コントローラーでそのような機能に取り組んでいる可能性があります。

この特許は、「手に持つことができ、マイク、スピーカー、タッチデバイスを含む制御デバイス」について説明しています。

「ユーザーが自分の声をマイクに入力すると、スピーカーの音が抑制され、何らかの触覚制御が実行されます。」

この特許は、公式には確認されていませんが、音声コマンドがPS5に届くことを示唆している他のいくつかの特許と一致しているようです。

プレイステーションアシスト

以前、PS5コントローラーのように見えるものの特許は、新しいゲームパッドに内蔵マイクが含まれることを示唆していました。 このような機能を含めること自体は少し奇妙に思えるかもしれませんが、この新しい特許の主張と組み合わせると、代わりに意味をなすかもしれません。

そして、日本の大手企業が昨年XNUMX月に提出した、「PlayStation Assist」と呼ばれる人工知能に基づいた音声アシスタントについて、別の特許を検討すると、さらに理にかなっています。

伝えられるところでは、この音声アシスタントは、たとえばマップ上のメディキットを指摘したり、ターゲットが何であるかを思い出させたりすることにより、動的に質問に答えて「ゲームサポート」を提供できます。 Googleが発表した機能と同様の機能がStadiaコントローラーで実行されます。

これらの特許が結びついていない可能性があり、それらの特許に記載されているデバイスが日の目を見ることは決してないことに注意する価値があります。 ただし、ソニーが次期フラッグシップコンソールのコントローラーに音声コマンド機能を追加しても驚くことではありません。