In インタビュー 電撃プレイステーションの最新号に登場し、 アトラス e コーエーテクモ のフォローアップは ペルソナ5 もっと似ているかもしれない 無双人 (戦士)。

インタビューでは、Koei TecmoとAtlusのXNUMX人の監督がそれぞれ 関口和俊 e 金田大suke、彼らはゲーム開発プロセスについて話しました。 作品は、ペルソナ5の出版後すぐに始まり、 「ペルソナ戦士」。

このプロジェクトの規模は非常に大きかったため、5つのソフトウェア会社が実際に作業を開始するまでに時間がかかりました。 しかし、ストーリーを書いている時点で、ペルソナXNUMXのキャラクターをもっと探求したいという要望があることが明らかになりました。したがって、最初の適応段階の後、ゲームはアトラス。

金田が宣言したのは次のとおりです。

「チームが直接話を書​​いた。 コーエーテクモは初期計画を提案していた。 数回の会議の後、私たちはプロットとペルソナに似たメッセージでタイトルを作りました。

臼田無門、常にから アトラス彼は付け加えた:

「より軽いストーリーを作りたかった。 以前のゲームであるペルソナ5は非常に深刻で、ファントムシーフが楽しんでいるのを見る機会はほとんどありませんでした。 私たちは、楽しみながらミステリーを解決する主人公を示す、異なるトーンを与えたかった。

ペルソナ5スクランブル:ファントムストライク 日本では4年20月2020日にPlayStation XNUMXとSwitch向けにリリースされ、昨年XNUMX月に発表されました。 ここで.