マイクロソフトワーナーブラザーズAT&Tがバイヤーを探しているのはもはや謎ではありません ワーナーブラザーズインタラクティブエンターテイメント。 2018年にTimeWarnerが買収された後、この部門は入社しましたが、AT&Tは現在、特に経済状況が必ずしも繁栄していないため、それを取り除くためのあらゆる意図を持っているようです。 そして言うまでもなく、可能なバイヤーの中で、 最もホットな名前は間違いなくマイクロソフトの名前です.

Xbox部門は、以下のような優れた買収で近年際立っています。 黒曜石と忍者の理論Xbox Game Studiosの作成と、そのプラットフォームでのファーストパーティタイトルの結果としての制作をすべて目指していました。 WB Gamesの購入の可能性は、興味深い研究ポートフォリオをもたらします。 NetherRealm Studiosの (モータルコンバット)、 ロックステディゲーム (バットマン:アーカム)、 トラベラーズテイルズ (レゴ)e モノリス (中つ国、恐怖)。

報告された 情報、操作のコストは約4億ドルになりますが、 マイクロソフトにとって、EA、Take Two、およびActivisionとの競争は依然として勝ち残っています, 次に興味がある 取引。