話してから久しぶり 静かな丘。 数ヶ月前の生存恐怖 コナミ 中に小さなカメオをやった 夏時間によってデッドコナミ自身はフランチャイズについてあまり話したことがなく、特に小島秀夫とのPT訴訟後はそうでした。

これがコミュニティが 「バナナ行った」 (私にAnglo-Saxonの用語を許可してください)日本のソフトウェアハウスの公式Twitterアカウントが サウンドトラック di サイレントヒル2。 しかし、コナミはつぶやきのコンテキストを明らかにして、ムードを殺すことについて二度考えませんでした。

そして、これは正当なことですが、メディアの最も恐ろしい都市への突然の復帰を望んだすべての人が彼らの鼻を上げました。 忍耐、それは次回になります。