DUBLIN - (BUSINESS WIRE) - ビジネス 「日本のビデオゲームパブリッシャー:コンソールとPC」 にレポートが追加されました ResearchAndMarkets.comさん 提供しています。

1980年代後半から1990年代初頭にかけて、日本のビデオゲーム出版社は日本だけでなく北米やヨーロッパでも支配的でした。 過去20年間、日本のゲームパブリッシャーは欧米市場で苦戦してきました。

このレポートは、2020年前半までの近年の日本の最大の独立系ビデオゲームパブリッシャーのいくつかのパフォーマンスに注目しています。

対象となる企業は次のとおりです。

  • バンダイナムコ
  • カプコン
  • コーエーテクモ
  • コナミ
  • サミー/アトラスを見た
  • スクウェア・エニックス

焦点は、これらの企業が近年どのように業績を上げているか、およびゲームIPの評価にあります。 特定の製品が北米とヨーロッパ、および新しいコンソールシステムでどれだけうまく機能する可能性があるかに特に焦点が当てられています。

2020年には、Final Fantasy(Square Enix)やPersona / Shin Megami Tensei(Sega Sammy / Atlus)などの古いフランチャイズの世界的な成功がすでに大きくなっています。 レポートは、日本のビデオゲームの長い歴史の中で見つけることができる過小評価された宝石を調べます。 レポートは、将来の市場成長の可能性を評価します。

各企業の分析は次のとおりです。

  • 収益動向
  • 市場価値
  • 主な製品
  • 最近のパフォーマンス
  • プラットフォームの多様性
  • 地理的多様性
  • サービス収益としてのデジタルゲームへの移行に焦点を当てたビジネスモデルの多様性

この概要は、さまざまなビデオゲーム業界セグメントにおける企業の業績を調査する一連のレポートの一部です。 これには、コンソールメーカーとゲームパブリッシャー、PCゲームパブリッシャー、アジアのゲーム会社、北米のゲーム会社、ハードウェアとアクセサリーのメーカーが含まれます。 特定の地域での企業の業績の比較もあります。

このレポートの詳細については https://www.researchandmarkets.com/r/c113d1

連絡先情報

ResearchAndMarkets.com
ローラプレス、シニアプレスマネージャー
press@researchandmarkets.com

ESTの営業時間については、電話1-917-300-0470
米国/ CANのフリーダイヤル1-800-526-8630
GMT営業時間について+ 353-1-416-8900

ソースビジネスワイヤ