最後の数時間で ソニーインタラクティブエンタテインメントジャパンアジア 年次の勝者を発表しました PlayStationパートナーアワード2020、PlayStationeに登場した最も成功したタイトルの公式承認 アジアで開発.

PlayStation PartnerAwards2020日本アジア受賞者のリストは、主にXNUMXつのカテゴリに分けられます。

グランドアワード(販売部数が最も多い賞)

  • DragonBall Z:カカロット(バンダイナムコ/ Cyber​​Connect2)
  • eFootball PES 2020(コナミ)
  • ファイナルファンタジーVIIリメイク(スクエアエニックス)

パートナーアワード(ベストセラーおよび最もアクティブなプレーヤーに対するアワード)

  • 黒い砂漠 (パールアビス)
  • ファイナルファンタジーXIV (スクウェアエニックス)
  • 機動戦士ガンダムバトルオペレーション2 (バンダイナムコ)
  • ニオ2 (光栄テクモ/チーム忍者)
  • ペルソナ5ロイヤル (アトラス)
  • バイオハザード3常駐 (カプコン)
  • ヤクザ:ドラゴンのように (セガ/リュウガゴトクスタジオ)

特別賞(アジア大陸以外で開発されたタイトルに捧げられた賞)

  • アペックスレジェンド(エレクトロニックアーツ/リスポーンエンターテインメント)
  • デスストランド(ソニーインタラクティブエンターテインメント/児島プロダクション)

さらに興味深いことに、授賞式全体を記録したビデオがYouTubeで利用可能で、英語のサブタイトルが付いています。