先月、 コナミ 初めて見せた GetsuFumaDen:不死の月、で初めてリリースされたオリジナルの2Droguevaniaのリメイク ファミリーコンピュータ で 1987 現在Steam(早期アクセス)で利用可能で、 2022 su 任天堂スイッチ で開発されました アウトソーシング インディーデベロッパーによる グルグル.

そして、サイトへのインタビューの中で、アウトソーシングの実践、または外部企業とのコラボレーションによるプロジェクト開発のアウトソーシングについて話しているだけです。 JPGames ゲームのプロデューサー ムラトシン この慣行の背後にある理由を動機付けました:

「私たちは、さまざまなインディーズタイトルと、それらが革新的でエキサイティングな体験を生み出す方法に絶えず刺激を受けています。 GetsuFumaDenは、この独立したアプローチに従うことで、生き返らせるための興味深いIPになる可能性があると考え、GuruGuruに連絡することにしました。 彼らは、このIPにうまく適合すると私たちが考える新しいアプローチを模索することができました。 また、GuruGuruチーム内に、オリジナルの月風魔伝のファンがいたことも助けになりました。」

記事の最後に、村戸はまた、最も有名なIPをアウトソーシングするこの慣行へのコナミの長期投資をほのめかしました。

"について話す 他のコラボレーション、ご到着をお待ちしております。 新しいプロジェクト このような!"