エルデン リングが宮崎英高監督の興味深いインタビューに出演します。 作品には多くのディテールが浮かび上がります。

ファミ通に取材して、 ハイデタカ・ミヤザキ 予期されていたエルデン リングをその謎のオーラから取り除く機会がありました。 まず第一に、このゲームは日本のスタジオがこれまでに作った最大のゲームであり、予想通り、真のオープンワールドになるでしょう。 と呼ばれる地図 間の土地、それぞれが疑似神によって統治され、メイン ダンジョンによって特徴付けられる 6 つのマクロ エリアに分割されます。 特定の順序でゾーンに取り組む必要がないため、プレーヤーは完全に自由に探索できます。 それにもかかわらず、ゲームの開始時にどこにでも行くことはできません。 また、ソウルシアンの伝統に従って、今回は中央のハブも提供します。

エルデンリング

クリエイティブによると、冒険の期間は約 XNUMX時間のゲームプレイ オプションの内容にあまり注意を払わずにアプローチすると。 また、今回は異なる結末が予想されるため、冒険は何度も繰り返され、プロットのあらゆる側面を把握します。

関郎が帰ろうとした後 キャラクタパーソナライゼーション、および個々のタイプの武器に関連するテクニック。 戦闘システムも精霊の装備と連動し、攻撃や防御など様々な面に影響を与える。

さらに、同じ監督によると、タイトルはそれ以上延期されるべきではありません。 私たちはそれを信じますか?