ファイナルファンタジーピクセルリマスタープロジェクトは、良いスタートを切ることができません。 フォントとコンテンツに関する最初の論争はすでに起こっています。

E3中に発表されたサガの最初の2021つのタイトルの新しいリマスター版が 28 7月、しかし、これらの新しい版のいくつかの側面についてはすでに不満があります。 具体的には、 カットテキストとコンテンツに使用されるフォント。 最初の重要なポイントから始めて、選択したフォントがタイトルのスタイルとどれほど一貫していないか、また選択したサイズのために読むのが本当に不快であることは明らかです。

XNUMX番目の重大な問題は、追加のダンジョンなど、ゲームボーイアドバンスのゲームバージョンで利用可能なコンテンツの除外に関するものです。これにより、永久に失われます。 また、現在利用可能なバージョンのファイナルファンタジーVおよびVIをSteamから削除して、新しいエディションを優先するという選択についても説明します。

ファイナルファンタジーIとIIはの価格で販売されます 各11,99ユーロ、ファイナルファンタジーIIIは費用がかかりますが 17,99€ 。 近代化作業はチケットの価格に見合う価値がありますか? 28月XNUMX日からお知らせします。