先週の土曜日、 日本コンピュータエンターテインメントサプライヤー協会 年次の勝者を発表しました 日本ゲーム 受賞歴、日本市場に応じて、マスコミと一般の人々が一堂に会し、今年の最高のゲームを決定するイベント。

そして、式典の最中です 対馬の幽霊 e モンスターハンターライズ 授与されました ex aequo il 大賞 最終的。

これがのゲームに関するCESAの言葉です 不意打ち:

「その見事なグラフィック、ストーリー、アクション、そしてその音楽の信じられないほどの品質で、この作品は多くのユーザーに高く評価され、大賞を受賞しました。」

の仕事も CAPCOM 代わりは:

「一般投票では、多くのユーザーがシリーズ最高のゲームであり、素晴らしいゲームだと言っていました。信じられないほどの支持を得て、最終的な賞を獲得しました。」

最優秀賞の候補には、次のようなゲームが含まれていました バイオハザード3リメイク, げんしんインパクト, 桃太郎電鉄 と常緑樹 ラスト・オブ・ユア・パート2。 受賞者の完全なリストは次のとおりです。

大賞

  • 対馬の幽霊(ソニー)
  • モンスターハンターライズ(カプコン)

優秀賞

  • ウマ娘プロジェクト(Cygames)
  • 原神インパクト(MiHoYo)
  • 対馬の幽霊(ソニー)
  • さくな:天穂のサクナ(マーベラス)
  • バイオハザード3(カプコン)
  • バディミッションボンド(任天堂)
  • ファイナルファンタジーVIIリメイク(スクエアエニックス)
  • 桃太郎電鉄(コナミ)
  • モンスターハンターライズ(カプコン)
  • ラストオブアスパート2(ソニー)

ベストセールスアワード

  • 桃太郎電鉄(コナミ)

経済産業大臣賞

  • 襟川陽一(コーエー)

グローバルアワード-日本製品

  • どうぶつの森:New Horizo​​ns

グローバルアワード-外国製品

  • コールオブデューティ:ブラックオプス冷戦

ゲームデザイナー賞

  • マリオカートライブホームサーキット(任天堂)