デスバースレットイットダイ昨日の夜にソニーが開催したStateof Playで、発表されました。 デスバース:それを死なせて、発行された新しいタイトル ガンホー.

これはの続編です それは死ぬましょう、オリジナルタイトル グラスホッパー製造 須田剛一作で、2016年にPS4で、2018年にPCでリリースされ、そこからいくつかのキャラクターが登場します。 ゲームは最初の章の数世紀後に設定され、 死ジャモボリー、正確には、Deathverseと呼ばれる仮想世界で行われるサバイバルリアリティショー。

から 最初の印象、タイトルはもちろん、元のスタイルを維持しながらマルチプレイヤーを導入しながら、バトルロワイヤルの世界に起因するダイナミクスに向かって、魂のようにウィンクした非定型アクションRPGとして登場したLet ItDieと比較して変化しているようです、前任者には非対称形式でのみ存在します。

Deathverse:Let ItDieは無料でプレイできます PS2022とPS5では4年に予定されています。 それはによって作られています スーパートリックゲーム、グラスホッパー・マニュファクチュールが日本の出版社から徐々に離れていく間、最初のLet It Dieの管理を何年も引き継いでいたガンホーの内部スタジオは、 網易 過去数日間に発生しました。